郵送なしのキャッシング【バレないお金の借り方】

郵便物なしのキャッシング!

毎日の暮らしの中で急なお金の必要性に駆られることはよくあるものです。
そんな時に銀行や消費者金融で活用出来るキャッシングを利用すると、不足したお金をとても便利に捻出することが可能となります。
多くのキャッシングは申請手続きも簡単で、即日審査、即日融資が基本となるので、今日明日にでもお金の必要な場合にも充分間に合わせることができるでしょう。

キャッシングの手続きの際には気をつけたい事の一つが明細書等の郵送です。
多くの借り入れ先では申請時に取り結ばれた契約内容や金利の確認のために、申請者の自宅宛に明細書を送付することになっています。
家族が一緒に住んでいる場合、うっかりその明細書の内容を見られてしまい、内緒にしておきたかった借金のことについて知られてしまうことも少なくありません。

そうならないためにも、契約時には明細書やカードなどを郵送なしで契約出来るキャッシング会社を選びましょう。郵送なしの代わりに申請者がそれぞれネット上で明細確認など、全てをウェブ上で行う事が可能です。 こうしたペーパーレスな対応をあえて選択することで、家族に知られることなく借り入れサービスを活用出来ることでしょう。


オススメのキャッシング

第1位

プロミス

プロミス
プロミスの特徴
借入利率 限度額 担保・保証人
4.5%~17.8% 500万円まで 不要

プロミスの総評

プロミスの総評
詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
第2位

モビット

モビット
モビットの特徴
借入利率 限度額 担保・保証人
4.8%~18.0% 500万円 不要

モビットの総評

モビットの総評
詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
第3位

アコム

アコム
アコムの特徴
借入利率 限度額 担保・保証人
1.7%~18.0% 500万円まで 不要

アコムの総評

アコムの総評
詳細ページはこちら 公式サイトはこちら

キャッシングからの自宅に書類が郵送されない方法

キャッシングは申し込み後の審査を通過し、契約が行われることではじめてお金を借りる事が可能となります。契約が行われた後は、契約書やローンカード、利用明細書などが郵送されてくる場合が多いです。しかし、金融会社によっては、郵送なしでキャッシングを行う方法が用意されています。

近年において郵送なしでお金の借り入れが出来る例として代表的なものは、インターネット上で申し込みから契約まで終えられるカードローンです。

この申し込み形態の場合では、専用フォームに個人情報や収入状況などを全て入力し、本人確認書類も画像ファイルで添付して提出することになります。
早ければ、申し込みから審査を経て契約に至るまでの一連の手続きがその日のうちに終わり、書類やカードの郵送なしでお金の借り入れができるようになります。

ただし、一度に多額の借り入れを行う場合はこの方法を使えないことがあるので、借り入れを申し込む前に金融会社の公式サイトで確認を行うと良いでしょう。